歯科の情報局 白い歯ねっと > 虫歯予防 > キシリトールガム

キシリトールガム

100%を選ぶ

キシリトールの含有率や含有量

キシリトールの成分表をチェックしよう
  キシリトールガムの選び方の注意点としては、成分表にあるキシリトールの量と炭水化物の量に気をつけます。右図のようにキシリトール 27.7g、炭水化物27.7gと記載されていればキシリトール100%ということになります。また、キシリトール13.8g、炭水化物27.7gだとキシリトールは50%です。 このことからキシリトールの量÷炭水化物の量=キシリトールの含有率になることがわかります。できれば100%を選びたいですね。

キシリトールの量÷炭水化物の量=キシリトールの含有率

例)キシリトール 13.8g÷炭水化物 27.7g=キシリトール 50%

名わき役

予防歯科において、長時間噛むと効果的なキシリトールガム   キシリトールは虫歯の原因となる酸の生産に利用されない為、虫歯になりにくい甘味料です。しかし、いくらキシリトールガムを噛んでも、日常生活で頻繁に糖類を摂取しているような食生活では虫歯を発生させてしまいます。キシリトールの本場フィンランドでも、虫歯予防の基本は、フッ素の応用とプラークコントロール、キシリトールは「名わき役」なのです。


キシリトールガム



▲このページのトップへ