歯科の情報局 白い歯ねっと > 虫歯予防 > 虫歯の進行

虫歯の進み方

ごく初期の虫歯は削らず「経過観察」

虫歯の進行状態はC1〜C4の4段階に分類されています。みなさんも学校や歯医者さんで、「シーワン」という言葉を聞いたことがあると思います。これは、虫歯の進行を表す記号です。 しかし最近ではCO(「シーオー」Caries Observation=経過観察)といって、ごく初期の虫歯は、削らずに観察しながら再石灰化を促す治療が行われています。


C0 経過観察

表面が浅く溶けた、ごく初期の状態。表面が白く濁ったり、溝が茶色になったりしますが、見た目はほとんどわかりません。削らずに再石灰化を促して、観察をします。





  経過観察のCO
見た目は変わらないCO

C1

エナメル質がおかされ、小さな黒ずんだ孔があきます。自覚症状はなく、専門家の目で発見されます。この段階で治療を受けるのが一番良いのです。





  黒ずんだ孔がある
要治療のC1の状態

C2

象牙質まで虫歯は進行。歯髄に近づくにつれて冷たい物がしみ、痛みの自覚症状が出てきます。さらに進むと熱いものがしみるようになります。





  象牙質に進行した虫歯
痛みの自覚症状が出るC2

C3

歯髄(神経)まで進行。炎症(歯髄炎)がおき、激しい痛みにおそわれます。炎症が進行すると、歯髄は死んでしまいます。





  歯髄まで進行した虫歯
激しい痛みが伴うC3

C4

歯は歯根だけになってしまいます。歯髄は死んでしまったので痛みは感じなくなり、歯根の先に膿がたまります。こうなると治療は難しくなります。   歯根だけになってしまった
治療が困難なC4

▲このページのトップへ