歯科の情報局 白い歯ねっと > 虫歯予防 > バイオフィルム

バイオフィルム

歯垢もバイオフィルム

家庭のお風呂のパイプや下水管の内側に見られるヌルヌルは、身近なバイオフィルムの例です。あなたの口の中の歯垢(プラーク)も、実はバイオフィルムなのです。
バイオフィルムの特徴は、表面にくっつく性質が強く簡単にははがれないことと、抗菌性の薬も透過させないほど強いことです。ブラッシング等で物理的に取り除くしか方法がありません。

膜の下で細菌が酸をつくる

歯の表面についているプラークもバイオフィルムです。虫歯の原因菌は、お口に入ってきた砂糖を栄養源としてネバネバした物質をつくり歯の表面にしっかりくっつき、それが溜まって厚い膜状(バイオフィルム)になります。
虫歯菌は、この膜に守られて増え続けどんどん酸をつくります。膜の内側は強い酸性となり脱灰(歯のエナメル質から成分のリンやカルシウムが溶け出す反応)が進みます。こうして虫歯は本格化します。


歯周ポケットのプラークも

歯周病も細菌による感染症です。歯と歯肉の境目についたプラークは、歯と歯肉の隙間(歯周ポケット)を広げて奥に入り込みバイオフィルムをつくります。この中に強い毒素をだす細菌が繁殖し、周りの歯肉をますます攻撃するようになります。歯肉に遮られてセルフケアが十分できないので、歯の表面のものよりやっかいです。   予防歯科におけるバイオフィルムや虫歯菌など
歯の境目についた歯垢などの虫歯の原因

バイオフィルムを効果的に除去する方法

1. 歯科医院で行う方法
PMTC
2. 自分で行う方法
音波電動歯ブラシを使用する。自分で行う歯周病予防を参照してください。


▲このページのトップへ