歯科の情報局 白い歯ねっと > 虫歯予防 > 予防歯科の重要性

虫歯や歯周病を防ぐ

虫歯 歯周病とは

最近、TVや雑誌等で「歯の特集」等、ひんぱんに行われていますのでいかに怖いものであるかは、皆さん既にお解りだと思います。
虫歯は治療してもそれで永久に持つわけではありません。
例えば、統計的には「歯の詰めもの」の寿命は約5年とされています。
そして治療を繰り返し、次第に大切な歯を失うことになるのです。
何も治療されていない自分の歯(バージンティース)に勝る治療法はありません。
健康な歯をいつまでも残すためには治療をしてはいけません。
大切な歯を削らないのが予防歯科です。
歯周病も同様に予防が大切です。
詳しくは歯周病・歯槽膿漏・歯肉炎情報発信局をご覧ください。

虫歯の原因となるあらゆる原因菌を総称して虫歯菌と呼びます

虫歯は、むし歯菌によって出来るものですが、むし歯菌は凡そ生後10ヶ月〜31ヶ月の間に母親 ( 保護者 ) から感染することが分かっています。その感染を遮断する事がもっとも重要であると考えています。
しかし、「その時期が過ぎてしまったら、もう駄目だ」というわけではありません。
これからでも遅くはありません。
その方法をこれから解説していきます。


アドバイス

虫歯を未然に防ぐことは、歯だけではなく、全身の健康にも役立ち、あらゆる病気から貴方を守ります。
糖尿病・心臓病・高血圧・その他


私達の目標

虫歯になりにくい人を作り、皆さんの健康を ” 守り ・ 育てる ” 事です。
私達は、貴方の、そして、貴方のご家族の 「 ホームドクター 」として、長期に渡る ”デンタルケア ””アフターケア ”を、行っていきます。


▲このページのトップへ