歯科の情報局 白い歯ねっと > 虫歯予防 >歯垢・プラークの染め出し

プラーク 歯垢の染め出しチェック

きちんと磨けているかチェックしよう

歯の表面につく、ヌルヌルとした歯垢(プラーク)、この歯垢にはたくさんの細菌が潜んでいて、虫歯や歯周病の最大の原因です。  虫歯や歯周病を予防するためには、このプラークを除去することが不可欠です(これをプラークコントロールといいます)。歯磨きはプラークを取り除く基本的な方法ですが、正しい歯磨きをしないと、毎日磨いていてもプラーク(歯垢)を完全に除去することはできません。


歯磨きの効果を確かめましょう

プラーク(歯垢)は、歯の色と似た白い色をしており、ちょっと見ただけではきちんと磨けているのかわかりません。
そこで、プラーク(歯垢)を赤く染め、歯の色と区別がつきやすくする方法が「染め出し」です。染め出しをすることによって、普段プラーク(歯垢)を見落としている所を目で確かめることができ、歯磨きの癖(くせ)がわかります。ぜひ試してみて下さい。


プラーク(歯垢)を赤く染め出します

プラークを染め出す前の歯
歯垢染め出し前
プラーク染め出した後の歯
プラーク染め出し後
   

染め出しの赤い色は食紅と同じ成分ですので飲み込んでも体に害はありません。
まず、染め出し剤を歯のすみずみまで塗ります。
その後2〜3回うがいをして余分な染め出し液を洗い流します。 赤く残ったところがプラーク(歯垢)が着いているところです。赤いところがなくなるまで丁寧にブラッシングしましょう。
ブラッシングした後、もう一度染め出しで確認します。
染め出しの結果を元に、患者さん一人ひとりに合ったブラッシングの方法を指導いたします。

磨き残しのチェックは欠かせません。

染めだし液を綿棒に付け歯全体に塗ります。軽く水ですすいで鏡で確認してください。赤く染まった所が歯垢(プラーク)の付いている所です。この赤く染め出されたたところを注意深くブラッシングしてください。

染め出し液
染め出し液
塗布しているところ
綿棒で歯に塗布します。
確認します
鏡で確認

▲このページのトップへ