歯科の情報局 白い歯ねっと > 虫歯予防 > フッ素洗口で虫歯予防

フッ素洗口で虫歯を防ぐ

歯を溶かす酸への抵抗力を強める働きがあるフッ素を使う

フッ素にはエナメル質の、歯を溶かす酸への抵抗力を強める働きがあり、歯の表面に塗ったり洗口することにより効果があります。萌出してすぐの歯に最も有効です。
フッ素洗口とは、ブラッシング後フッ素を用いて毎日洗口(うがい)する方法です。ご家庭で簡単にできます。


フッ素洗口の方法

・1日1回(できれば寝る前)食後のブラッシングをした後、5〜10mlの洗口剤を30秒間ブクブクうがいします(その時誤って飲まないように注意してください)。
・洗口後は、溶液を吐き出し30分〜1時間程度飲食しない。
・水でうがいをしないでください。
自分でブクブク洗口できる年齢になったら実施していただきます。

フッ素の安全性

洗口できれば口の中にフッ素が多少残っていても問題はありません。


フッ素の効果

虫歯を防ぐためのフッ素で口腔ケア
フッ素を使った予防歯科
 
・フッ素洗口法 40〜60%
・フッ素入歯磨き剤 10〜30%
・歯面塗布 10〜30%
・ブラッシングのみ 10〜20%

現在、フッ素洗口法の虫歯予防効果が非常に高いといわれています。この方法は、歯質自体を鍛えるからです。毎日の口腔内のホームケアの仕上げとお考えください。
しかし、フッ素洗口は完璧な方法ではありません。
1.おやつ(甘い物)のとりすぎ、ダラダラ食いをしない。
2.食べたらきちんと歯磨きをする。
3.歯を丈夫にする食べ物をたくさんとること。
4.きちんと噛む(ゆっくり噛む)こと。
なども同時に行うよう心がけてください。


▲このページのトップへ