歯科の情報局 白い歯ねっと > 虫歯予防 > 歯間ブラシ

歯間ブラシ

磨き残しをしないために

ご家庭で行うプラークコントロールのなかで、歯ブラシが届かないと感じたことはありませんか? そうです、歯と歯の間(歯間)には毛先が届きません。歯間ブラシを上手に活用して、歯ブラシの届かない部分からプラークを取り除くことができます。

あせらずゆっくりと磨く

歯間ブラシの正しい使い方

あせらずゆっくりと、動かす向きにをつけて磨く

歯間ブラシの清掃場所

毛先が歯と歯肉の境目に当たるようにして動かす


歯間ブラシが活躍する歯と歯の間

歯間ブラシが有効な箇所

このような箇所で歯間ブラシは活躍します

歯間ブラシのお手入れ

清潔に保ちましょう


歯間ブラシの選択法

歯間ブラシを選ぶ際、重要になるのがサイズです。

毛が巻きついているワイヤーの太さのサイズには数種類あります。

歯周病で歯茎が下がって歯と歯の間が広く開いた場合には
大きめのサイズが適します。

一方、健康な歯茎で歯の間に隙間がない場合には場合
には小さめのサイズが適します。

歯間ブラシの清掃場所
歯間ブラシ

▲このページのトップへ