ホワイトニング トレイ

ホワイトニング
お申込・ご予約

費用 料金 自宅でホワイトニング歯科医院で行なう歯の漂白手早く白くするコース無料メール相談悩みや質問ウォーキングブリーチメカニズムホワイトニングによる歯肉の変色治療レーザーの有効性シェード変化とは治療後の注意ホワイトニング後の歯磨き粉 歯の構造 治療結果と作用時間と濃度 歯の色タイプ別漂白効果 診断1 診断2 診断その3 その4 ジェルの誤飲 禁忌症 前後の処置 トレー 矯正治療中のホワイトニング施術 歯周病 スペシャルコースについて PMTC・クリーニング 治療中の知覚過敏対処法

ホワイトニング > トレーの作成方法

トレーについて

トレーをどのように作成するのか

(1)ホーム・ホワイトニング用トレーの厚みについて

通常1mmのシートを使います。
2mm以上になると、上下にトレーを装着すると、臼歯部だけに当たりが出るため、交合調整が必要です。
ただ、歯軋りがあるケースでは2mm以上の使用が好ましいと思います。
しかし強い歯軋りがあるとそれでもトレーに穴を開けてしまいますから、定期的なチェックが必要です。

(2)トレーの外形線について

上下顎7番、舌側に異物感を訴える患者さんがいます。
その際は躊躇無く7番部位の近心でトレーを切断して6番までとします。

(3)トレーに設置する「レザボア」について

米粒大のレザボアを唇側面中心部に設置するのが良いと考えます。
患者さんにホーム・ホワイトニング用トレー内面の窪み『レザボア』に薬剤を入れるように指導します。
薬剤の流出を防ぐばかりではなく、適量を入れることが出来るので、経済的にも好ましいと考えます。
ホワイトニングの作用範囲は唇側に薬剤を入れても舌側まで効果が出ますし、6番までしか薬剤を入れていないにもかかわらず7番まで効果が出るという事実を考えると、レザボアは患者さんにとって適正量の薬剤使用をしやすくするメリットがあります。

ホワイトニングTOP

東京都江戸川区篠崎町7-27-23-3F