ホワイトニング 歯周病

ホワイトニング
お申込・ご予約

費用 料金 自宅でホワイトニング歯科医院で行なう歯の漂白手早く白くするコース無料メール相談悩みや質問ウォーキングブリーチメカニズムホワイトニングによる歯肉の変色治療レーザーの有効性シェード変化とは治療後の注意ホワイトニング後の歯磨き粉 歯の構造 治療結果と作用時間と濃度 歯の色タイプ別漂白効果 診断1 診断2 診断その3 その4 ジェルの誤飲 禁忌症 前後の処置 トレー 矯正治療中のホワイトニング施術 歯周病 スペシャルコースについて PMTC・クリーニング 治療中の知覚過敏対処法

ホワイトニング > 歯周病中の患者について

歯周病でも適用可?

歯周病でも施術出来るかどうか

重度歯周病〜中等度歯周病の場合

歯根露出の問題と外傷性咬合が発生しやすく凍みる可能性が正常者に比べると高いと考えられます。
「ホーム」は重度歯周病〜中等度歯周病の患者さんには適用しない方が良いと考えられます。
こういったケースには術者によるコントロールが出来る「オフィス」で治療した方が良いと考えます。
露出した歯根をガムダム(流動性レジン)で全て覆って施術すれば問題ないと考えてよいと思います。

軽度の歯周病の場合

「ホーム」に使用する過酸化尿素には歯周病の炎症を抑える効果があることが知られています。
歯周病の治療にも一役買うものと考えられるので、「ホーム」は特に禁忌とはならないと考えます。
もちろん「オフィス」も問題なく行えます。

ホワイトニングTOP

東京都江戸川区篠崎町7-27-23-3F