ホワイトニング 痛み

ホワイトニング
お申込・ご予約

費用 料金 自宅でホワイトニング歯科医院で行なう歯の漂白手早く白くするコース無料メール相談悩みや質問ウォーキングブリーチメカニズムホワイトニングによる歯肉の変色治療レーザーの有効性シェード変化とは治療後の注意ホワイトニング後の歯磨き粉 歯の構造 治療結果と作用時間と濃度 歯の色タイプ別漂白効果 診断1 診断2 診断その3 その4 ジェルの誤飲 禁忌症 前後の処置 トレー 矯正治療中のホワイトニング施術 歯周病 スペシャルコースについて PMTC・クリーニング 治療中の知覚過敏対処法

ホワイトニング > 診断4/ガムダムが不完全な場合など

診断(4)

診断のポイント8

痛みが発現するケース

(1)切端の咬耗が象牙質に達している場合。特に前歯に多い。
(2)エナメル質にクラックが入っている場合。いろんな方向から光を当ててクラックの存在を確認します。

どのように対処するのか。

歯肉を保護するためのガムダム(レジン)で咬耗部、クラック部をカバーする。
その部分が漂白されないと危惧されるが、それは問題にはならない。

「オフィス」施術時の注意

ガムダムが不完全な場合
歯肉および口腔粘膜に薬剤が付いたまま光を照射し、薬剤を活性化させると、歯肉および口腔粘膜にかなりのダメージを与え、かなり腫れることになるので注意を要します。
また、未反応の過酸化水素が残存する薬剤を口の中に落として光を照射して活性化させるとやはり、同様のことが起こる可能性がありますので要注意です。

ホワイトニングTOP

東京都江戸川区篠崎町7-27-23-3F