ホワイトニング 疼痛

ホワイトニング
お申込・ご予約

費用 料金 自宅でホワイトニング歯科医院で行なう歯の漂白手早く白くするコース無料メール相談悩みや質問ウォーキングブリーチメカニズムホワイトニングによる歯肉の変色治療レーザーの有効性シェード変化とは治療後の注意ホワイトニング後の歯磨き粉 歯の構造 治療結果と作用時間と濃度 歯の色タイプ別漂白効果 診断1 診断2 診断その3 その4 ジェルの誤飲 禁忌症 前後の処置 トレー 矯正治療中のホワイトニング施術 歯周病 スペシャルコースについて PMTC・クリーニング 治療中の知覚過敏対処法

ホワイトニング > 診断2/施術後の痛みなど

診断2

診断のポイント4

ホワイトニング後の疼痛について
施術後数時間で打診痛を訴える患者さんがまれにいます。
現時点はどのような患者さんがこのような痛みを発現するのは術前の診断ではわかりません。

解決策
施術を行う30分前に鎮痛剤を服用させます。
仮に施術後に疼痛が起こっても、その持続時間は24時間を越えることが無いことを説明します。

なぜ疼痛は発生するのか?
過酸化水素を使用する施術には当然起こりうるもので、全体の患者の役約40%に発現します。
特に施術前にスケーリング、ルートプレーニング、PMTCなどを行った場合により高い頻度で疼痛が起こります。
上記処置を行ってから最低2週間以上あけてから行うこと。

疼痛発現の明確なメカニズムは現時点では解明されていません。
酸化作用は24時間持続しており、その間に歯質の水分バランスが一時的に悪化することが原因ではないかという説が有力です。
唾液により水分が供給されるので、24時間後には正常に戻っているということです。

診断のポイント5

喫煙者、高齢者などの場合には色の改善が遅いことを術前に伝えること。

診断のポイント6

妊娠中、授乳中の女性は安全性が確立していないので、避けること。
(私見ですが、薬剤が体内に取り込まれるわけではないので、危険性は極めて低いと考えられますが・・・・)

ホワイトニングTOP

東京都江戸川区篠崎町7-27-23-3F