ホワイトニングQ&A 「ホーム」「オフィス」それぞれのコースの長所や短所など

ホワイトニング
お申込・ご予約

費用 料金 自宅でホワイトニング歯科医院で行なう歯の漂白手早く白くするコース無料メール相談悩みや質問ウォーキングブリーチメカニズムホワイトニングによる歯肉の変色治療レーザーの有効性シェード変化とは治療後の注意ホワイトニング後の歯磨き粉 ホワイトニングと歯の構造 治療結果と作用時間と濃度 歯の色タイプ別漂白効果 ホワイトニング診断1 診断2 診断その3 その4 ホワイトニングジェルの誤飲 禁忌症 前後の処置 トレー 矯正治療中のホワイトニング施術 歯周病 スペシャルコースについて PMTC・クリーニング ホワイトニング治療中の知覚過敏対処法

ホワイトニング > 質問と回答 コースのメリット・デメリットおよび、白さは永久?

ホワイトニングに関する質問と回答

質問一覧ページへ

「オフィス」コースと「ホーム」コースそれぞれのメリットとデメリットは?
種類 オフィス・ホワイトニング ホーム・ホワイトニング
施術法

●歯の表面に薬剤を塗り、光を照射して白くする

●歯科医院で行う

それぞれの歯の形に合った専用トレイを作り、ご家庭でトレイの中にジェルを入れ、歯に装着する方法
時間

●時間は、45分〜1時間程

●光照射時間は、28分

●毎日30分〜8時間程度

●「デイタイプ」と「ナイトタイプ」で長さは異なります

メリット

●即効性が有り、1度の施術で、かなりの白さを得られる

●全ての工程を、歯科医師・歯科衛生(プロ)が、施術してくれる

●2〜3年白さが持続する

●奥歯を含む全歯を白くする事が出来る

●白くなりにくい性質の歯でも、白くなる可能性がある。

●家庭で手軽に出来る

デメリット

●再着色が早い。(最初の2週間程で2シェード程戻り、その後はあまり変化がない。)

●白さを維持する為に、3〜6ヶ月に1度、アフターフォローを受ける必要がある

●効果が現れるのに最低2週間以上、時間がかかる

●トレー装着に違和感がある場合もある

●毎日続ける必要があるので根気がいる

特徴 濃度の高い薬剤を使用するので、短時間で白くなる。再着色が早い。

●濃度の低い薬剤を使用するので白くなるのに時間がかかる

●薬剤が深く浸透する為、白さが長期間保持出来る

ホワイトニングで白くなった歯は永久なのですか?
効果が永久に維持するのが望ましいのですが、残念ながらそうではありません。
その方の歯の性質や生活習慣によって異なりますが「、オフィス」の場合、一般的に、2週間程で2シェード位再着色し、その後は緩やかなペースで再着色していきます。
「ホーム」の場合は、なだらかなペースでゆっくりゆっくり再着色していきます。一度手に入れた白さをなるべく長時間維持する為には、オフィスは3〜6ヶ月に1度、ホームは2〜3年に1度のタッチアップ(追加のホワイトニング)をしていく必要があります。
タッチアップを定期的に行うことにより、再着色しずらい歯になっていくという結果が報告されています。
再着色する理由としては、食物などの日常生活における外因性着色、年月とともに色調が濃くなるという自然現象等があり、ゆっくりではありますが、術前の状態に戻っていく現象があります。

質問一覧ページへ

ホワイトニングTOP

東京都江戸川区篠崎町7-27-23-3F