ホワイトニングと歯の構造

ホワイトニング
お申込・ご予約

費用 料金 自宅でホワイトニング歯科医院で行なう歯の漂白手早く白くするコース無料メール相談悩みや質問ウォーキングブリーチメカニズムホワイトニングによる歯肉の変色治療レーザーの有効性シェード変化とは治療後の注意ホワイトニング後の歯磨き粉 歯の構造 治療結果と作用時間と濃度 歯の色タイプ別漂白効果 診断1 診断2 診断その3 その4 ジェルの誤飲 禁忌症 前後の処置 トレー 矯正治療中のホワイトニング施術 歯周病 スペシャルコースについて PMTC・クリーニング 治療中の知覚過敏対処法

ホワイトニング > 歯の構造の関係

歯の構造との関係

歯の構造歯の構造はその最表層に人体の中で最も硬い組織「エナメル質」で覆われ、 その内側に黄褐色の象牙質があり、さらにその内側に歯髄があります。

エナメル質はほとんどが無機質で構成されていますが、わずかに有機質の部分があります。
その有機質が着色し歯の変色となって現れてきます。
また、エナメル質は次第に磨り減って薄くなるばかりか、象牙質は第2象牙質を形成して象牙質の厚みを増してきます。

従って象牙質の色が次第に目立つようになります。 これが年齢による歯の黄ばみ現象です。

歯の漂白をすることでエナメル質の中にある有機物は漂白されます。
しかし、象牙質までは漂白されないと考えられています。(象牙質も漂白されるという研究も一部ではあります。)
また、一生懸命に歯ブラシをして、歯の表面の汚れを落としても、歯が白くならないと思っている患者さんは、遺伝的に歯が黄ばんでいるということです。(歯の本来の色には個人差があり、生まれ持って白い歯の人がいます。)

以上のような患者さんが最も適用症です。
外傷などにより神経が死ぬと歯は黒ずんできます。 この場合にも対象になります。

ホワイトニングTOP

東京都江戸川区篠崎町7-27-23-3F