ホームホワイトニング薬剤の誤飲

ホワイトニング
お申込・ご予約

費用 料金 自宅でホワイトニング歯科医院で行なう歯の漂白手早く白くするコース無料メール相談悩みや質問ウォーキングブリーチメカニズムホワイトニングによる歯肉の変色治療レーザーの有効性シェード変化とは治療後の注意ホワイトニング後の歯磨き粉 歯の構造 治療結果と作用時間と濃度 歯の色タイプ別漂白効果 診断1 診断2 診断その3 その4 ジェルの誤飲 禁忌症 前後の処置 トレー 矯正治療中のホワイトニング施術 歯周病 スペシャルコースについて PMTC・クリーニング 治療中の知覚過敏対処法

ホワイトニング > ジェル誤飲の可能性

ジェル誤飲の可能性

誤飲の可能性と誤飲量

オフィスホワイトニングは歯科医師または歯科衛生士の管理下で行われるため、口腔粘膜や歯肉へ剤接が接触することで、問題が発生することは起こりえますが、誤飲することは無いと言ってよいでしょう。。
一方家庭において自分で行うホーム・ホワイトニングではジェル(薬剤)の誤飲は十分ありうることでです。


下記のような場合が想定されます。
(1)施術用トレーの適合不良による薬剤の流出。
(2)就寝時、トレーが歯列から脱落して薬剤がもれる場合。
(3)ジェルの量が多すぎてトレー装着時に口腔内にあふれ出る場合。

ホワイトニング・ジェル(薬剤成分の過酸化尿素)が口腔内に流れ出しても重篤な副作用の報告はありません。 逆に歯肉の炎症が減少したとの報告があり、これは、自宅で出来る歯の漂白が始まった歴史を見ればうなずけます。

ホワイトニングの歴史
「アメリカの矯正歯科医が矯正治療時の歯周病の発症を食い止めるために過酸化尿素を使用しました。 歯周病のコントロールが可能であることと、その副産物として歯が白くなっていたことを発見しました。 その後、過酸化尿素が歯のホワイトニングの為の臨床応用が始まったという歴史があります。」

【結論】
歯科医師の管理下において行われるホワイトニング(オフィス・ホーム共に)では問題は発生しにくいと考えられます。

ホワイトニングTOP

東京都江戸川区篠崎町7-27-23-3F