小児歯科home > 乳歯の名前と歯が生える時期

乳歯の名前と歯が生える時期

乳歯の萌出 乳歯が生えるとき

同じ月ごろの歯の生えた子を見て、「うちの子はまだなのに」と不安になるお母さんがいます。赤ちゃんの歯は、6カ月から生え始め、ほぼ2歳ごろまでに生えそろいます。個人差がありますのであまり不安がらず、ゆったり構えて様子を観察しましょう。


最初の準備は胎内で始まります

歯の始まりは、お母さんのおなかの中からです。妊娠2〜3カ月で総ての乳歯の芽(歯胚)ができ、4〜6カ月で石灰化し始めます。これが生まれて5〜10カ月すると、乳歯として生えてくるのです。生える順番や時期は表のとおりです。全部で20本ですが、それぞれに時期にはかなりの幅があります。お子さんの成長ペースが順調なら、早い遅いと心配することはありません。


いちばん早く生えるのは乳中切歯

乳歯の生える時期と抜ける時期

乳歯全体図とその名称

乳歯のそれぞれの名称


なぜ生え替わるのか

人間の体には、加齢によって生えてきたり伸びたり無くなったりするものがありますが、すっかり違うものと交換されてしまうのは「歯」だけです。歯は乳歯から大人の永久歯へと完全な交換が行われます。どうしてでしょう?不思議だと思いませんか。
これは体の発育に伴いあごの骨が成長し、それまでの小さく弱い乳歯では、用を足さなくなることからだろうと考えられています。やはり大人になったらそれにふさわしい歯が必要なんですね。

▲このページのトップへ