小児歯科home > 妊娠中の小児歯科 >

妊娠中の母親の健康について

お母さんのお口の健康

命の芽生えを知ったなら、生まれてくる赤ちゃんのためにも、ご自分のお口の健康管理を考えてください。
妊娠によって女性の体は、外形はもちろん目に見えない体の中も生活も変化します。そしてこの変化をきっかけとして、歯や歯肉に問題がおきてきます。健康で元気な親子になるためにも、妊娠の安定期を迎えたら歯の健康診断と治療をお受けください。


妊娠による体内の変化

妊娠すると、女性の体のホルモンバランスが変わり、その影響で唾液の分泌量が減少しネバネバ感が強くなり、ふだんより歯に歯垢がつきやすい状態になります。また、妊娠中は、つわりや赤ちゃんをお腹の中に抱えているなどの条件から、食べ物を口にする機会が増え食生活も変化します。どうしても虫歯ができやすい条件が重なります。そのため出産後に歯が悪くなる方がいます。
妊娠が安定期を迎えたら、歯とお口のチェックを受け、虫歯や歯周病は治療しておきましょう。

妊娠中はホルモンバランスが変化します

妊娠中は歯とお口のチェックを


お母さんの栄養が赤ちゃんの丈夫な歯を育てます

歯は、お母さんのお腹の中にいる間にその芽ができます。妊娠5〜9週で乳歯が、16週には大人の歯ができます。お母さんが栄養不足になると、赤ちゃんの歯の芽まで栄養不足になります。
ビタミンA、D、カルシウムなどを積極的に摂取し、栄養バランスのよい食事で健康な赤ちゃんの歯の芽を育てましょう。



▲このページのトップへ