小児歯科home > お母さんのお口の健康

お母さんのお口の健康

妊娠による口内環境の変化

・妊娠5〜9週で乳歯の形が、永久歯は妊娠3〜4カ月から生後8〜9カ月の間にでき始めます。
・歯質は、家系や生育環境の影響を受けますが、妊娠中から栄養のバランスに配慮し、カルシウム、リン、タンパク質、ビタミンA/C/Dなどを積極的に摂取して、丈夫な資質を育てましょう。
・妊娠するとホルモンの変化により唾液の酸性度が高まります。また、味や好みの変化によって甘いものを食べる機会が増えるなど、お口の中が虫歯になりやすい環境になります。ふだんより丁寧にお手入れして、出産後も元気に子育てができるよう整えておきましょう。


慢性的な全身症状と歯の健康

・肩こり、胃の痛み、イライラ、頭痛などが、歯のトラブルが原因で起きることがあります。偏頭痛や耳鳴りもアゴの関節や歯並びに問題があって発症していることがあります。原因のはっきりしない不定愁訴があるときは、一度歯の健康診断をお勧めします。
・女性の体は、妊娠、閉経などにより大きくホルモンが変化し、それが全身に影響を与えます。お口の健康に配慮して生活を豊かに楽しく過ごしましょう。


美しい口元

・白い歯がきれいに並んだ口元への自信は、すばらしい笑顔を生み、あなたの毎日の生活そのものの質を変えてしまうほどです。
・手で口元を覆う人生から抜け出し、健康でステキな笑顔を手に入れましょう。

美しい口元

妊娠中こそお口のケアを



▲このページのトップへ