小児歯科home > 指しゃぶりをやめよう

指しゃぶりをやめよう

指しゃぶりは歯の健全な発育に影響を与えます

神奈川歯科大学が行った3歳児健診の調査では、15%前後の子供が指しゃぶりをしていました。指しゃぶりをすると、乳幼児の柔らく弱い歯や歯茎が変形し、幼児期になるころには前歯が噛み合わなかったり出っ歯になったり、歯並びや噛み合わせに問題がおきます。大人の歯への生え替わり時期まで続くと、あごの骨が変形することもあります。
歯と口の健全な発育は、子供の身体や心の発育だけでなく知能の発育にも影響を与えます。当院では、指しゃぶりを抑制する方法を指導して、正しい噛み合わせと正常な歯並びを育てています。


指しゃぶりの抑制法

成人用の綿の靴下をお子さんの両腕にはめ、背中越しに遊びを残してヒモで結びます。この方法だと、靴下のかかとが子供の肘にあたり腕の自由な動きを妨げません。寝るときもこのままで、大き目のパジャマを着せます。相変わらず指しゃぶりをしますが、綿の感触が悪くしばらくすると指をしゃぶらなくなります。
お子さんが少しかわいそうですが、健やかなお口の発達のためにがんばってみましょう。

指をしゃぶらなくする方法

指しゃぶりを抑制する


▲このページのトップへ