小児歯科home > 食育で強い丈夫な小児の歯に

食育で強い丈夫な小児の歯に

「食育」で強い歯育て

歯の健康維持は、虫歯や歯周病の予防だけではありません。お口の機能がしっかり発達し、好き嫌いなく食べ味への感受性も豊かな子供を育てることも大切なことです。食事は小さいときほど家庭の果たす役割が大きい分野です。両親はじめ周囲の大人が協力してがんばれば、丈夫な強い歯の子供が育ちます。

目標は1日30品目の食事

食育で丈夫な乳歯をつくろう


バランスのよい栄養で歯を育てよう!

歯によい食事の基本は、栄養のバランスがとれていることです。骨や筋肉の成長に必要な栄養をとるために、「1日30品目」を目標にしましょう。食品の中には子供が苦手なものも多くありますが、調理法を工夫するなどして好き嫌いなく食べる習慣を身につけさせるようにしましょう。


「おかあさんだいすき」でかしこく歯育て

「おふくろ」の味は、賢い献立の基本です。おから、かきあげ、サンマの塩焼き、大豆の五目煮、イモの煮っこがし、酢の物、キンピラゴボウがその代表的なもの。伝統的な日本の家庭料理の良さが最近見直されていますが、野菜やタンパク質の豊富なこれらの献立は歯を育てる効果も大きいのです。


▲このページのトップへ