小児歯科home > 食育で健康な小児の歯に

小児を正しい食事で健康な歯に

食育のすすめ

あなたは「食育」という言葉をご存知ですか?
私たちの食生活は、インスタント食品や加工食品などが氾濫し、個食により好きなものだけ食べることが当たり前になり、そのうえ過食や拒食、食品アレルギーなど多くの問題が発生しています。「食育」は、そうした時代の風潮を見直し、「子供に正しい食生活」を身につけさせていこう」という考え方です。
欧米ではすでに子供たちの健全な発育を促す目的で「食に関する教育」を行っています。


小児の食事はバランスを心掛ける

バランスの良い食事をとろう


習慣付けましょう

なかなか持って生まれた資質を変えることはできません。しかし生活習慣は、繰り返しトレーニングすることで「習い性」として身につけることができます。環境が人に大きく影響を与えます。「氏より育ち」のことわざを上手に食育に利用しましょう。
食育は、家庭の食生活の見直しがスタートです。家族が健やかに暮らしていくエネルギーを得る毎日の食事を、もっと大切に考えましょう。


考えて食べる習慣が大事

食は、命に直結する大切な問題です。何をどのようにして食べるかは、私たちの歯や口の健康と深く関係しています。栄養学の発達し、新しい知識が一般に知られるようになりました。賢い選び方食べ方を知って、より健康に過ごしましょう。


▲このページのトップへ