歯周病home > 歯周病・歯槽膿漏の治療の目的

治療の目的

目指すもの

歯周病・歯槽膿漏治療は、情態の悪い歯茎をできるだけ良い状態の歯茎にもっていく治療です。
良くするためには、
専門家による特殊な清掃(スケーリング、ルートプレーニング、PMTC)
家庭でのブラッシング(歯磨き)。
生活の見直しと生活習慣の改善。
麻酔下での外科的な清掃処置。
噛み合わせや金属治療のやり直し。
など、症状によって必要な処置を行います。


状態の悪い歯茎

歯肉が赤く腫れている歯茎
悪化した歯茎
  プヨプヨに腫れていて、歯と歯の間の歯肉が赤くふくれている。
歯を磨くと簡単に出血する。
歯茎が痛がゆい、うずく。
口臭がある。
もっと重症になると 膿が出る 歯がグラグラ動揺する。

状態の良い歯茎

引き締まってピンク色をしている健康な歯茎
罹患していない健康な歯茎
  引き締まってピンク色をしている。
引き締まったことで歯と歯の間に隙間ができる。
歯茎の腫れが引き、歯茎のラインが下がる。
ブラッシングで出血しない。
口臭がせず、息がさわやか。
歯の動揺は収まり、膿もでなくなる。

▲このページのトップへ