歯周病home > 歯周病とタバコの話

タバコの話

スモーカーズフェイス

タバコを吸う人に特有の顔つきを「スモーカーズフェイス」といいます。
年齢に比較し、
●しわが多く、
●しみや吹き出物などの肌のトラブルが多く、
●唇や歯肉が不健康に黒ずみ、
●歯の表面へのヤニの着色が目立ちます。
1本のタバコを吸うと、ビタミンCの1日の必要量の約半分が使われてしまいます。どんなに配慮した食事や果物摂取をしても、皮膚細胞の老化に追いつきません。喫煙は、美肌や健康的な歯肉の色の大敵です。

  たばこを吸うとしみや吹き出物などが多くなります
スモーカーズフェイス

命を脅かす喫煙の害

あなた、長生きしたいですか?
もし長生きをお望みでしたら、イギリスにおける喫煙と生存率の表をよくご覧ください。
そうです。喫煙習慣があると無い人に比べ、明らかに生存率が悪くなるのです。60歳ぐらいを境にはっきりと違いがでてきます。外国のデータですが、喫煙者にはショックなデータです。

やっと追いついた日本の表示日本でもやっと分煙が義務付けられました。
販売されているタバコのパッケージにも、病名を含む喫煙抑制表示に変わりました。

たばこと生存率


▲このページのトップへ