歯周病home > 歯周病・歯槽膿漏の進行と症状

進行と症状

進行の仕方を解説

歯を失う原因のトップ 私たちが歯を失う一番の原因は、実は歯周病です。しかも知らない間に進行し、気付いたときは手遅れで、一度に何本も抜けることが多く被害は甚大です。
歯の表面には、食事のたびにネバネバした薄い膜状のものが作られますが、これが歯垢(プラーク)と呼ばれる細菌の塊です。歯垢は石灰化すると硬い歯石になり、自分では取り除くことができません。歯垢1ミリグラムには、細菌が1億個もいるといわれ、これが歯肉に炎症を起こし、最後は歯を支える歯槽骨まで溶かしてしまいます。支えを失った歯は、まとまって抜け落ちてしまいます。


歯槽膿漏などの進行具合は

歯肉や歯根などの図
初期段階

■初期
歯の表面に少し歯垢や歯石がついています、
自覚症状はありません。


骨がまだ正常の状態
骨の破壊なし

歯肉炎
歯と歯の間の歯肉が赤く腫れぷよぷよします。
歯磨きをすると出血します。


骨が少し破壊されてグラグラする
中等度の骨の破壊

中等程度
歯の周囲の歯肉は赤く腫れます。
口臭・出血・不快感が自覚されます。
少し歯がブラグラします。


骨がなくなっている
重度の骨の破壊

重度
歯肉は化膿し、腫れています。
支えの骨が溶けてしまいます。
そのため歯の動揺は大きくなります。


 

▲このページのトップへ