歯科の情報局 白い歯ねっと > 審美歯科 > シェードアイ

 審美歯科領域において歯の色を決定することは大変重要です。
歯科用シェードガイドを用いて目視観察によって歯の色調を評価する場合、照明条件、歯肉の色や背景などの比色環境の違い、術者の色彩に対する知識や認識度、経験年数によって見え方が変化し、決定される色調に大きな影響を与えます。
これに対して、「シェード・アイNCC」では比色環境条件に左右されることが無く、数値によって色調を表現するため客観的な評価となります。
   シェード・アイNCCとは光源から発する光を天然歯に当て、その反射光を測定することによって色を判断する歯科用色彩計で、どんな照明条件・比色環境でも天然歯の色調を正確に測色します。また、メタルセラミックス・クラウンを製作するために必要なポーセレンレシピ(配合比)もプリントアウトします。

審美歯科領域におけるシェード・アイNCC  審美歯科における色調測定

 ■各モードの概要

  1. 天然歯モード(Tooth)  天然歯を測色する際に使用します。
  2. ポーセレンモード(Porcelain)
    • ポーセレン(メタルボンド)を測色する際に使用します。
    • オールセラミッククラウンの測色はできません。
  3. ホワイトニングモード  天然歯のホワイトニングをする際に使用します。

 ■測色結果の表示

審美歯科のおけるシェードアイの測色結果

 各モードの測色結果
上表のように数値によって色が評価できます。




▲このページのトップへ