歯科の情報局 白い歯ねっと > 審美歯科 > ラミネートベニア

「白い歯」は誰もがあこがれる美と健康のシンボルです。ところが、先天的に、あるいは薬などの影響で後天的に、歯が透明になったり汚れた感じの色になったりしていて、いくら歯磨きをしても白くならない悩みをもっている方が少なくありません。
そんな方には、歯の表面を薄く削り、ポーセレン(セラミック)製の薄片を張り合わせる『ポーセレンラミネートベニア法』をお勧めします。


自然感は、セラミッククラウンよるは劣りますが、ブリッジや連結冠などいかなるケースにおいても使用出来るという利点があります。


●天然歯に近い色合いに仕上げることができるので、天然歯との調和が取れ、見た目が自然です。
●歯の切削が少ないので、治療期間が短く、痛みも無く安全です。
●歯に強く接着するため丈夫です。しかも摩耗しにくく半永久的です。

■1日目
ラミネートベニアの診査と診断 まず治療計画を立てます。
ラミネートベニアの前処置 治療環境を整えます。
・歯茎の健康回復
・ブラッシング指導
ラミネートベニアのプレパレーション 歯の表面の唇側を、エナメル質部分だけ、薄く(0.5〜0.7ミリほど)削ります。

審美歯科/ラミネートベニアの術前
ラミネートベニア術前
ラミネートベニアの型どり 削った歯の型をとり、ポーセレンの歯を作ります。
ポーセレンの歯をつけるまでは、仮の歯をつけておきます。

ラミネートベニアの印象採得
ラミネートベニアの型取り
■2日目
ラミネートベニアのセット ジェル状のラミネートベニアと歯の表面を薬品で処理します。
歯とベニアの両方に接着剤をつけてはりつけます。
光をあてて接着剤を固めます。

審美歯科/ラミネートベニア   審美歯科/口腔内検査
ラミネートベニア   口腔内検査  
ラミネートベニアの研磨 はみでた接着剤などを除き、歯の表面を磨いて適合させます。
咬み合わせを調整します。
ラミネートベニアの治療完了 審美歯科におけるラミネートベニアの術後
ラミネートベニア術後

ポーセレンラミネートベニア治療には保険は適用されません


▲このページのトップへ