歯科の情報局 白い歯ねっと > 審美歯科 > オールセラミック・クラウン

歯にかぶせものをする場合、歯茎との境目に黒い線が見えるかどうかで審美性に大きな影響を与えます。オールセラミッククラウンの場合、金属を全く使わないでかぶせることができる種類もあります。この場合、多少歯茎が痩せてきても、黒く見えないので自然さが続きます。また、素材がセラミック(ガラス、瀬戸物に近い陶材)なので、前歯でも奥歯でも白いものがかぶせられます。
また、セラミックのみで作るため、治療や技工が難しく、メタルボンドクラウンより高価になります。


例えば、プラスチックの食器が使っている間に次第に色あせ、表面もキズついてくのと違い、瀬戸物の食器は白さ、滑沢さ、清潔さが長期間続きます。
人工歯も同じで、レジン(プラスチック)が変色しやすく、吸水性があるので、不潔になりやすいのに対し、セラミックの場合、白さ、滑沢さ、清潔さが長期間続きますので、美しさのみならず衛生面でも優れています。吸水性がなく、表面に細かいキズがつかないためです。

オールセラミッククラウン

審美歯科/オールセラミック


・笑った時、歯茎が見える人
・白い状態を長持ちさせたい人
・かぶせたものの清潔を保ち、口臭、歯周病を避けたい人
このようなご希望をお持ちの方にはオールセラミッククラウンをおすすめします。

なお、現在では新しい材料「ハイブリッド」(レジン+陶材)で、より天然歯に近い素材も使われています。


オールセラミック治療は保険適用外で自由診療となります。


▲このページのトップへ