歯科の情報局 白い歯ねっと > 審美歯科 > セラミック法

歯の表面のエナメル質を少しだけ削り、シェル状のセラミック(つけ爪をするようなもの)を歯に貼り付ける方法です。
色や形だけでなく、歯の形も、ある程度は変える事が出来ます。
セラミックインレームシ歯の部分を、セラミックを使って修復する方法です。


1日目

ラミネートベニア   ラミネートベニアの型を取ります。    
1.歯の表面をわずかに削ります。 2.型を取ります。  



2日目

1.ジェル状のラミネートベニア。   2.ラミネートベニアを接着剤でつけます。   3.ラミネートベニア セット後
1.ジェル状のラミネートベニア。 2.接着剤でつけます。 3.ラミネートベニア セット後

歯の外側からかぶせる方法です。
天然の歯と見間違うような自然感があります。
材料はセラミックだけで作るため、治療および技工が難しく、メタルボンドクラウンよりは高価になります。


薄い金属の上に、セラミックを焼き付けて作ります。
自然感は、セラミッククラウンよるは劣りますが、ブリッジや連結冠などいかなるケースにおいても使用出来るという利点があります。


まだ神経まで虫歯が進行していない場合、部分的に歯と同じ色のセラミックを使って修復する方法です。


ポーセレンインレー術前 ポーセレンインレー術後    

レジンという一種の樹脂を、ムシ歯を削って詰めるやり方です。
色の変色が問題となる事がしばしばあります。
やりかえが容易なので、気にならない程度に改善する事が可能です。




▲このページのトップへ