歯科の情報局 白い歯ねっと > 金属アレルギー> 毛髪検査の手順

  全ての医院が毛髪検査を導入しているわけではありませんが、通常、以下のような手順で行われます。

毛髪検査をするためにサンプルとして3cmほど髪の毛を切ります

1. 毛髪を0.2g(100〜150本)採ります。
2. 頭皮に近い3cmが過去3ヶ月の検査対象です。
 (外観上は、髪を切ったことは全くわかりません。)
 接触性皮膚炎の原因の多くは、金属によるものといわれています。
3. 毛髪を所定の容器に入れて検査会社に送ります。


1. 毛髪を電子天秤で計ります。
2. 毛髪の洗浄を行います。
3. 毛髪を溶液に溶かします。
4. 質量分析器で毛髪のミネラル量を計測します。
5. 性別や年齢による基準値と比較・判定します。


毛髪検査データと他の検査を総合し、結果を患者さんに説明します。


▲このページのトップへ