歯科の情報局 白い歯ねっと > 金属アレルギー> 若い女性と金属アレルギー

皮膚アレルギーのなかには金属アレルギーも多く含まれています

接触性皮膚炎の原因の多くは、金属によるものといわれています。
第1位: 洗剤によるかぶれ
第2位: ピアス、ネックレス、指輪などの装飾品
・特にピアスは、血液や体液に直接触れやすいですから、
 症状が早く、しかも強く出る傾向があります。


皮膚のかゆみ、発赤、水泡、かぶれなど。
人体の場所では、掌や足底によく出現します。

「掌せき膿胞症」と呼ばれるものです。
一時的にはステロイドなどの対症療法が有効ですが、長期間の使用には問題があります。

1. 初めてのピアス(ファーストピアス)に、安全な素材を使うという事が大切
  《お奨素材》
  ファーストピアスの素材は、セラミック、ジルコニア、チタン、ステンレス、など。
  ・ セラミックとジルコニアは、金属ではありません。
  ・ チタン、ステンレスは、「不動態」という酸化被膜を作るため金属イオンが溶出しにくいものです。
   
2. 成分がよくわからないピアスなどを身につけない
  溶け出しやすい素材を使用することは危険です。
  溶け出した金属イオンが、タンパクと結びついて様々なアレルギー反応を起こすからです。
  金属に体が反応するようになることを「感作される」と言います。
  いったん感作されると長期間その状態が続き、改善されることはありません。
  もし既に感作されて症状が消えないのであれば、歯の金属の除去やデトックスを行う必要があります。

▲このページのトップへ