歯科の情報局 白い歯ねっと > 金属アレルギー> 金属アレルギーとピアス・ネックレス・指輪・アクセサリー・時計のベルト

  ・パッチテストを行い、ご自分によくない金属を避けるましょう。
   わからない場合には、安全性の高いセラミックやチタンを使用すると良いでしょう。
  ・成分のわからないアクセサリーを不用意に身につけて「感作」されないように気をつけましょう。
   ※ 体が特定の物質にアレルギー反応を示し始めることを「感作される」といいます。

  ピアス ネックレス 指輪などの装飾品を身につける機会が多い為、
  金属に感作しやすいからだと考えられています。
  また、金属は汗や塩水に溶け出しやすいので、汗をかいた時には接触性皮膚炎を起こしやすくなります。
  時計の革ベルトも、クロム処理がされていのると同じようなリスクがあります。


 ・ピアス

 ファーストピアスの時に特に注意を払う必要があります。
 血液や体液に触れますから、安全な材料を使用することが大切です。
 (ピアスとアレルギーの項で詳しく説明します)
 ファーストピアス以外のときにも、成分のわからないものは身つけないほうが安全です。


 ・ネックレス、指輪、時計

 皮膚に接触するアクセサリーは、こまめに汗を拭いたり、
 運動中は身につけないように注意しましょう。
 装飾品による、かゆみやかぶれなどの皮膚症状は気づきやすく、
 原因も特定しやすくなります。


▲このページのトップへ