歯科の情報局 白い歯ねっと > 口臭 > 歯周病による口臭 >

歯周病による口臭

歯周病による口臭が強い理由

生理的(起床時、緊張時など)において検出されるVSCのほとんどが硫化水素です。一方、歯周病患者から検出されるVSCの多くがメチルメルカプタンと硫化水素です。メチルメルカプタンと硫化水素ではそのにおいの強度がメチルメルカプタンの方がはるかに強いため、硫化水素のみの生理的なものと比較して、仮に同じ量のVSC濃度であったとしても歯周病患者の臭いは強くなります。また、歯周病の進行が進むにつれてジメチルサルサイドの検出濃度が上がっていきます。

  ジメチルサルサイドの検出濃度

揮発性硫黄化合物(VSC)それ自体が歯周病を増悪させます

揮発性硫黄混合物(VSC)は臭いの原因となるだけではなくそれ自体で生体毒性を有します。歯周組織に対しダメージを与える作用(コラーゲンの合成阻害など)が明らかにされています。従ってVSCは健康な口腔内を持っている人にとっても歯周病を誘発する因子となり、すでに歯周病に罹患している人にとってはさらなる歯周病の増悪因子となります。


▲このページのトップへ