インプラントの種類-東京デンタルインプラントセンター

サイトマップ


インプラント 東京

ご相談・ご連絡はお気軽に TEL:03-3673-1058

このサイト内を検索


東京 デンタルインプラントセンタートップ > インプラントの種類

インプラントの種類

各メーカーは様々なインプラントを開発、販売しています。

人工歯根(インプラント)は世界中では100種類以上が存在するといわれています。
日本国内で主に使用されている日本の5社と世界の7社の製品を紹介します。

日本の人工歯根
  • プラトン
  • aqb
  • poiex
  • iat
  • gc


日本で使用されている世界の人工歯根
  • iti
  • ブローネマルク
  • アンキロース
  • アストライン
  • スプライン
  • エンドポア
  • 3i

スウェーデンのブローネマルク教授は純チタンが骨とよく結合することを偶然に発見しました。
現在の歯科インプラントの基礎研究はオッセオ・インテグレーション(純チタンが骨とよく結合すること)を基にはじまり、1965年臨床応用が開始しされました。
日本国内においては1975年に(株)京セラ社が、サファイヤインプラントを研究開発し、臨床応用されたのが最初です。
日本においても複数の医療メーカーが独自に改良を加えた人工歯根を開発販売しています。

現在の研究開発対象と成るもの

1.「1回法」「2回法」 双方に、対応する手術法。
2.手術や各種治療の簡略化の追求。
3.審美性向上への推進。
4.骨との結合の確実性、強度、歯肉との親和性向上に向け、表面性状が開発・改良されたもの。
5.補助的に使う、直系の細いもの
6.矯正歯科に、固定源として使用するもの

人工歯根の形での分類
スクリュータイプ
スクリュータイプ 現在、人工歯根の形の主流となっています。
フィクスチャーの表面はネジが切られた形をしています。
・ストレートタイプ(人工歯根直径はそのまま)
・ルートタイプ(先端に行くほど細い)骨の幅が狭いケースに適用されます。
・スクリュータイプ(埋め込む穴がブレードタイプに比べ小さく、手術を確実に行えます。)
力学的には咬合力を効率よく骨に伝えられます。
シリンダータイプ
シリンダータイプ スクリュータイプと同様、現在の人工歯根の形の主流となっています。
表面はネジのない円筒型です。が、初期固定が弱い為2回法に適しています。
埋入手術は、ドリルでインプラントホールを作り、槌で打ち込みます。
バスケットタイプ
バスケットタイプ ほぼスクリュータイプと同じ形状です。
フィクスチャーの中心部に空洞部が有ります。(表面に複数の穴があいている構造です。)。空洞内に骨が形成され、高い結合力を得るため、考案されました。
骨を削る量が少量という利点はあるのですが、空洞部強度が不足する事により、この部分で破折することが報告されています。
現在ではブレードタイプと同様、殆ど使用される事は無くなりました。
ブレードタイプ
ブレードタイプ フィクスチャーとアバットメントが一体で、板状のT字型の物です。
下顎臼歯部の骨幅が狭い場所にも、幅が狭く薄いので使用が可能です。手術器具が規格化されている現在主流のスクリュータイプ、シリンダータイプと異なり、所定の幅、深さの板状の溝を骨の中へ形成を困難とし、手術に熟練が必要です。
又、フィクスチャー一部に応力が集中しやすくなり、破損や骨吸収が起きやすい欠点があります。
成功率も低く、現在ではほとんど使用されなくなりました。
手術の回数による分類
1.一回法
手術は一回で終了ですので、患者さんの治療費、外科的侵襲の負担は少なく済みますが、全ての症例への適応は出来ません。
2.二回法
シリンダータイプは二回手術法で行う必要があります。
全ての症例に適応出来ますが、2回にわたる埋入手術とアバットメント装着手術が必要な為、患者さんの治療費、外科的侵襲等の負担が増します。
人工歯根の材質と性質
純チタン ブローネマルク教授の偶然の発見により。 純チタンと骨の組織がよく結合することが発見され、オッセオ・インテグレーションと名付けられました。
ハイドロキシアパタイト 人工骨の原料としても使われているハイドロキシアパタイトの化学組成は Ca5(PO4)3(F,Cl,OH)で、天然では、フッ素燐灰石として大量に採鉱されます。
人工歯根として使われる場合にはハイドロキシアパタイトを純チタンの表面にコーティングします。
埋入後は早期に骨結合しますが、感染に弱いといわれています。
チタン表面に処理を
施したもの
現在の主流となっているのは、チタン表面に様々な処理を施したものです。
表面処理方法の多様な考案に、以下の様な物が有ります。
(Sand-blasting + Acid Etch + Glow Discharge Treatment) (再結晶化ハイドロキシアパタイト) (ブラスト+陽極酸化処理) (ブラスト+HAコーティング処理) (チタンワイヤーによる放電加工法)など
チタンニッケル合金 現在は殆ど人工歯根用には使用されていません。
骨との結合性は純チタンに比べて劣りますが、形状記憶の特性で自由な形態に復元が可能です。
人工サファイア 開発初期の頃に、日本において(株)京セラ社が使用しました。
フィクスチャーとアバットメントが一体になったものでスクリュータイプ、ブレードタイプがありました。酸化アルミニウム(アルミナAL2O3) が成分です。
オッセオ・インテグレーションが起こらない為、現在は使用されていません。