メタルボンド-東京デンタルインプラントセンター

サイトマップ


インプラント 東京

ご相談・ご連絡はお気軽に TEL:03-3673-1058

このサイト内を検索


東京 デンタルインプラントセンタートップ > 上部構造 > メタルボンド

メタルボンド

歯が折れた時や大きな虫歯の治療は、悪い部分を取ったあとに人工の歯冠をかぶせます。
メタルボンドは金属の内張りを作成して、その上にセラミック(陶材)を焼き付けます。
金属色を隠すためのオペークポーセレンを焼きつけ、その上に歯の色になるセラミック(陶材)を2層になるように焼き付けます。
メタルボンドは、自由に色や形を調整できますので、自然の自分の歯そっくりに仕上げることができます。
インプラントの上部構造(人工歯冠)としても使用されています。 しかし、インプラントに使用した場合にはメタルボンドが破折することもあるため東京デンタルインプラントセンターでは ジルコニアクラウン を使用しています。

メタルボンドの断面
メタルボンドの断面

メタルボンドの治療の流れ

Ⅰ.神経をとった場合(虫歯の進行C3以上)

C3虫歯の進行が神経までいっています。

C3虫歯
メタルボンドの断面


1.虫歯の部分を完全に除去して神経をとった後で、空洞になった神経の管をガッタパーチャーという薬で埋めます。


2.金属性のコアかファイバーコアを根の中に入れ、虫歯で無くなったところを補強します。次に、所定の形態に削って型を取ります。


3.メタルボンドをセメントで土台に接着します。

メタルボンドのメリット・デメリット

利点 内側の金属に貴金属を使った場合には金属イオンの流失が少なく腐食しない。
半永久的な美しさ・透明感がある。
体への適合、形態にも優れている。
磨り減らず、フレームが金属なので割れにくく、強度があり、ブリッジとしても使用できる。
欠点 銀、コバルトクロム、銅、ニッケルクロムなどの卑金属の含有量が高い金属を内側に使った場合には、金属が溶け出すことによる歯ぐきの黒紫変、金属アレルギーなどを引き起こすこともある。
ジルコニアクラウンほどの強度がないため破折の危険性がある。

メタルボンドをより綺麗にする方法

1.ポーセレンマージン法

ポーセレンマージン法

歯茎との境目をポーセレンで覆っていない。

< メタルボンド >

メタルボンド

< メタルボンドの内側 >


< オールセラミック >

オールセラミック

< オールセラミックの内側 >

オールセラミックの内側

歯茎との境目をポーセレンで作ると金属の部分が露出しないため、歯肉が下がっても黒いラインは出ません。
金属の露出なく歯肉と接触しないために、歯茎が黒くなるのを防ぐことができます。


2.フルベークポーセレン

裏側は金属が広範囲に出ています。