東京 デンタルインプラントセンター 東京都江戸川区篠崎町 7-27-23 都営新宿線「篠崎駅」徒歩1分

サイトマップ


インプラント 東京

ご相談・ご連絡はお気軽に TEL:03-3673-1058

このサイト内を検索


東京 デンタルインプラントセンタートップ > 用語集 > サージカルガイド

インプラント関連用語集 さ行

サージカルガイド

サージカルガイド






             サージカルガイド


手術用テンプレートです。CT撮影のデータからインプラントの埋入位置、埋入方向を高精度に反映したものでこれを使用することで、治療計画通りの安心で正確なインプラント手術の実現が可能です。

< サージカルガイド作成ステップ >

1.上下歯列の印象を採得し、口腔内模型を作製します。
2.CT撮影用テンプレートの作成をします。
3.CT撮影用テンプレートを患者様にお渡しし、医科用のCT撮影をしてもらいます。
4.iCATに模型、CTデータ、CT撮影用テンプレートを送ります。
5.iCATシステムから送られたイ「ンプラント体の仮置き」「下顎管の仮抽出データ」を基に適正埋入位置と深度、そして方向を決定します。決定したデータをiCATシステムに送信します。
6.iCATシステムでは、シュミレーションしたインプラント埋入位置を高精度に反映して、床用アクリルレジンからCAD/CAMにより作成します。
7.iCATシステムよりサージカルガイドが郵送されてきます。

< サージカルガイドの適用症例 >

1. 顎結節部へのインプラントの埋入
2. 下顎管を避けてのインプラント埋入
3. 下顎骨の顎舌骨筋付着部の骨がえぐれている場合。
(パントモX線では、下顎管まで距離が十分有ると判断される為、インプラント埋入手術可能と判断されて舌側にパーフォレーションし、舌動脈を巻き込んで死亡した例が報告されています。)