東京 デンタルインプラントセンター 東京都江戸川区篠崎町 7-27-23 都営新宿線「篠崎駅」徒歩1分

サイトマップ


インプラント 東京

ご相談・ご連絡はお気軽に TEL:03-3673-1058

このサイト内を検索


東京 デンタルインプラントセンタートップ > 用語集 > ソケットリフト

インプラント関連用語集 さ行

ソケットリフト

ソケットリフトとは上顎の骨の再生手術です。
上顎洞底までの骨の厚みが足りずインプラントの固定が困難なケースに選択されます。 (骨の厚みが5㎜以上ある場合に限られます。)
患者様の肉体的負担がサイナスリフトに比べ軽いのですが、応用範囲は狭くなります。
ソケットリフト法は、専用器具、ソケットリフターを用いて上顎洞底部の骨を押し上げ、そこへ骨補填材を填入します。この際シュナイダー膜を破らないようにするのが重要です。
ソケットリフトにより、押し上げられ持ち上がった上顎洞の部分は4~5ヶ月で骨に代わります。
インプラント固定を十分可能とする歯槽骨の高さが確保されます。
サイナスリフトでは上顎洞底までの骨の厚みが1~3㎜で行うのに対し、ソケットリフトでは3~7㎜に対して行います。
インプラントを埋入する歯槽頂部分から押し上げるので、小さな傷口で済み、術後の腫れも殆どなく、入院の必要もありません。
最近では、負担の少なくて済むソケットリフトが好まれるようです。

詳しくは ソケットリフト のページをご覧ください。
ソケットリフトの説明図











          ソケットリフト