東京 デンタルインプラントセンター 東京都江戸川区篠崎町 7-27-23 都営新宿線「篠崎駅」徒歩1分

サイトマップ


インプラント 東京

ご相談・ご連絡はお気軽に TEL:03-3673-1058

このサイト内を検索


東京 デンタルインプラントセンタートップ > 用語集 > 静脈内鎮静法

インプラント関連用語集 さ行

静脈内鎮静法


静脈内鎮静法は心配や恐怖心を和らげ、患者様が不安なく快適に受信出来る方法です。 こんな方に適します。
2. 全身的疾患を不安に感じ、歯科治療を受けられない方
3. 恐怖心から、麻酔を打つと鼓動が乱れ、気分が悪くなる方
4. 少々の痛みであればと我慢をしてしまう方
5. 歯磨きや食事は問題なく出来るが、口中に治療器具が入ると“オエッ”となる方

静脈内鎮静法 少量の催眠鎮静導入剤を、静脈内点滴に投与する事により緊張感・不安感・恐怖感が取り去られ、あたかも眠ったような夢心地の状態になります。
ストレスの無い快適な状態で手術を行う事が可能で、インプラント手術時などに多く用いられます。鎮静薬剤に有る健忘効果で、手術中の不快な記憶等は殆ど残りません。
「笑気ガス吸入鎮静法」よりも確実で深い鎮静効果が得られます。また全身麻酔よりも回復が早いという特徴を持ち、完全に意識を消失する事も有りません。
通常は麻酔認定医による全身管理下の元、術中の心電図、脈拍数、血圧、酸素飽和度等、バイタルサインを生体情報モニターで測定・監視しながら、安全に静脈内鎮静及び手術が行われます。