東京 デンタルインプラントセンター 東京都江戸川区篠崎町 7-27-23 都営新宿線「篠崎駅」徒歩1分

サイトマップ


インプラント 東京

ご相談・ご連絡はお気軽に TEL:03-3673-1058

このサイト内を検索


東京 デンタルインプラントセンタートップ > 用語集 > 上部構造

インプラント関連用語集 さ行

上部構造


インプラントが骨にしっかりと結合されている(オッセオインテグレーション)のが確認されたら、上部構造(人工歯冠)を取り付ける為、のアバットメントと呼ばれる上部構造の土台部品を取り付けます。その上へ人工歯冠を取り付け、治療の完了です。

< 人工歯冠の種類 >

   1. 金属製 12%パラジウム合金、金合金
   2. レジン製
   3. 硬質レジン製
   4. ハイブリッドセラミック製
   5. セラミック製(メタルボンド)

   6. ジルコニア製

上記中ではジルコニア製の物がインプラントに適しています。
硬さや審美性に優れ、歯周病を誘発するプラーク沈着が少ないとされています。

< 治療の流れ(2回手術法の場合) >

1. 歯肉の切開
(局所麻酔の後、インプラント体を理入した場所を切開し、フィクスチャー(インプラント体)を露出させます。)
2. アバットメントの装着をします。
3. アバットメント周囲の縫合をします。
4. 歯肉の治癒を待ちます。
5. 人工歯を作るため、型取りをします。
6. 1~2週間で上部構造(人工歯)をセットします。(↓画像)
7. 治療終了となります。

ジルコニア メタルボンド






詳しくは ジルコニアクラウン のページをご覧ください。
詳しくは メタルボンド のページをご覧ください。