東京 デンタルインプラントセンター 東京都江戸川区篠崎町 7-27-23 都営新宿線「篠崎駅」徒歩1分

サイトマップ


インプラント 東京

ご相談・ご連絡はお気軽に TEL:03-3673-1058

このサイト内を検索


東京 デンタルインプラントセンタートップ > 用語集 > ハイドロキシアパタイト

インプラント関連用語集 は行

ハイドロキシアパタイト(Hydroxyapatite:HA)


分子式 : Ca10(PO4)6(OH)2
脊椎動物の骨や歯の無機質主成分







ハイドロキシアパタイトとは歯や骨を構成するリン酸カルシウムで出来た成分のことで、エナメル質97%、象牙質の70%がハイドロキシアパタイトから構成されており、歯磨剤に混ぜているものもあります。
エナメル質の表面には微小欠損(小さなきずのようなもの)が無数にできていますが見た目には分かりません。
しかしこれはエナメル質が溶解し始め、虫歯になりかける「脱灰」に繋がります。
ハイドロキシアパタイトは唾液中のミネラルイオンに働きかけて、 初期の虫歯や、微小欠損の再石灰化を促進させます。
Caとリン酸反応で合成され、湿式合成、水熱合成などで人工的にも作られます。
HAの用途として、インプラントの表面のコーティング剤としての使用や、人工骨、初期虫歯が治る歯磨き等をはじめとし、消臭剤、ウィルス用マスクのウィルス吸着剤、重金属吸着剤など幅広く利用されています。

< 歯科インプラントへの応用 >

● ハイドロキシアパタイトのチタンの表面へのコーティング

【 利点 】

ハイドロキシアパタイトは人間の骨の成分に近いので生体親和性が高い。
HAコーティング系はインプラント体周囲の骨形成(骨伝導能)がチタン系に比べ、早く、広範囲に強固にインプラント体と結合する。

※ バイオインテグレーション(骨結合)

ハイドロキシアパタイトそのものが骨の成分で骨伝導能を持つので、骨のコラーゲンとインプラント表面のHA結晶との間にカルシウムブリッジと呼ばれる生化学的相互作用が起こります。

【 欠点 】

1. ハイドロキシアパタイトとインプラント体との結合が切れてしまうことがある。
2. 容易に細菌感染を受けやすい。
インプラント体上部において起こる骨の吸収により、ハイドロキシアパタイトコーティング面が露出すると、ハイドロキシアパタイトのタンパク質吸着特性の為に感染を受けやすくなる。

< ハイドロキシアパタイト用途 >

* 医療用

生体親和性が高いために医療用として応用されています。
   ①人工骨
   ②人工歯根(インプラント)
   ③歯科用充填剤

* 歯磨き剤

エナメル質を修復し再石灰化の性能と歯垢除去性能を有している事から歯磨き剤へ応用されています。
   ①虫歯予防用
   ②ホワイトニング後のエナメル質改質用
   ③PMTC(歯科医院でのProfessional Mechanical Tooth Cleaning)後のエナメル質改質用



* 化粧品

脂質蛋白質の吸着作用から、皮質が古い角質細胞を吸着除去し、表面下の細胞活性を促進させ、本来の素肌の再生力を高めます。

* 食品添加剤

   ①健康食品用 : チューインガムや口中清涼菓子
   ②ドリンク添加

* 生化学での利用

タンパク質の分離精製や制癌剤の安全なキャリアーとしての利用をしています。
   ①タンパク質分離(クロマトグラフィー)
   ②ドラッグデリバリーシステム

* 工業用

エタノールからガソリンに転化への触媒として、圧力や温度センサーとして役立てられています。
   ①触媒
   ②抗菌剤
   ③センサー