東京 デンタルインプラントセンター 東京都江戸川区篠崎町 7-27-23 都営新宿線「篠崎駅」徒歩1分

サイトマップ


インプラント 東京

ご相談・ご連絡はお気軽に TEL:03-3673-1058

このサイト内を検索


東京 デンタルインプラントセンタートップ > 用語集 > インプラント矯正

インプラント関連用語集 あ行

インプラント矯正

インプラント矯正
矯正歯科で固定源として使われるミニインプラントです。 矯正歯科治療に先立ち、ミニインプラントを顎の骨に埋入し固定源にして維持し、歯を移動させます。
形状にはプレートタイプとスクリュータイプとが有ります。 素材はチタン製で、顎の骨と一つになる、結合するという性質があります。 ミニインプラント自体が動かないので、固定減として利用し安定した力で歯を移動させる事が出来ます。 積極的にオステオインテグレーションを起こさせる必要はなく、手術直後に固定源として矯正力が掛けられます。
数か月間、骨に維持されていれば良い状態です。骨から外れてしまう事も時には有りますが、その際は再び埋入を行います。
矯正用のスクリュータイプのミニインプラントは、通常のルート型人工歯根に比べて短めで細いので、埋入手術を簡単に行うことができます。 普通の人工歯根手術は、麻酔下で歯肉を切開剥離して骨を露出させた処に、人工歯根を埋入する穴をドリルで掘ります。が、矯正用の「スクリュータイプのミニインプラント」は歯肉の上から直接、細い穴を骨にあけていきます。
「プレートタイプ」は上顎大臼歯の上部(キーリッジと呼ぶ)の歯肉を切開剥離して骨を露出させ、3か所程を小さなネジで留めて固定する仕組みになっています。 スクリュータイプに比べれば手術にやや熟練を要します。
ワイヤー矯正なら2~3年掛る症例が、インプラント矯正ではその半分位まで短縮可能です。 ワイヤー矯正は、ワイヤーで繋がった歯と歯がお互い引っ張り合う事で歯を移動させ、固定源とする歯までが動いてしまい、それをコントロールするのに時間とテクニックを要するのです。