入れ歯とインプラントとの違い

サイトマップ


東京都 インプラント

ご相談・ご連絡はお気軽に TEL:03-3673-1058

このサイト内を検索


東京 デンタルインプラントセンタートップ > 入れ歯とインプラントとの違い

1. 印象(型どり)を行い、咬み合わせを決定し「入れ歯」を作ります。

2. 入れ歯にはクラスプ(金属の留め金)が付いています。クラスプは「入れ歯」がずれたり、外れたりするのを防止する役割があります。

入れ歯とインプラントとの違い

入れ歯の利点・欠点
良いところ 悪いところ

・歯を削らずに入れ歯を作ることができます。(わずかですがレストシート部は削る必要があります。)

・治療時間が短く、費用が安く抑えられます。

簡単に修理や再製作ができます。

・入れ歯を固定するためのクラスプ(金属の留め金)が見えてしまうので審美性に支障をきたします。

・口の清掃は入れ歯を外して歯磨きをしなければなりませんし、入れ歯自体の汚れもしっかり除去する必要があります。人前で入れ歯を外して清掃するのは抵抗感を覚えます。

・作りたての入れ歯は物を咬むと痛みが出やすいので調整に時間がかかることがあります。

・大きな入れ歯になるほど、異物感が強くなり慣れるのに時間がかかります。

・発音に支障が出ることがあります。(特にさ行)

・餅などの粘着性の食べ物は噛みにくく、入れ歯がはずれてしまうことがあります。

・咬合力は天然歯の約1/3です。

・クラスプがかかる歯に側方からの力がかかりやすく負担が増し、歯の寿命が短くなります。

・比較的異物感の少ない金属床は保険が効きません。