インプラント体験談

サイトマップ


東京都 インプラント

ご相談・ご連絡はお気軽に TEL:03-3673-1058

このサイト内を検索


東京 デンタルインプラントセンタートップ > インプラント体験談

体験談を投稿する

●歯が無いコンプレックスから解放され、気持ちも明るくなり、からだ全体も快調になりました。

2008年6月26日
年齢 : 30代
職業 : 主婦
場所 : 東京都在住
昔から歯が悪かった私は、出産を境に更に悪化。何本もの歯がグラグラしてきて、結局抜歯をする事になりました。初めは入れ歯にしたのですが、30代で「入れ歯」にするという事にはやはり強い抵抗がありました。 金属のバネが見え、周囲の人にも「入れ歯」と分かってしまう・・・。人と会う時以外は、入れ歯を使用せずに、歯が抜けたままで生活していました。
周りの赤ちゃんを持つお母さん達の眼が気になり、歯が無い事が大きなコンプレックスとなって憂鬱になっていきました。
主人に、まず歯を治したほうが良いと言われ、インプラント(人工歯根)を考え始めました。初めは不安でしたが、歯科医の先生の御話を聞き、歯が無い事は健康に良くないと判ってきました。これから50年も生きていくのに、コンプレックスから色々な事に自信が持て無くなるのは困ると感じたので、おもいきって人工歯根に踏み切りました。
人工歯根の手術は、思ったよりも痛みもなく簡単に済みました。 すっかり自分の歯のようになじんで、気持ちも明るくなり、体全体も快調になりました。自然な笑顔も出せるようになり、友達もたくさんできました。

●健康な歯を削ることに抵抗があり放置していました。

2008年6月26日
年齢 : 40代
職業 : 小学校教員
場所 : 大阪府在住
5年程前から左下の銀歯がグラグラした為、歯科医院で診てもらったところ、虫歯が根まで進んでいるとの事で、抜歯してもらいました。隣接する両側の歯を削ってブリッジにすると良いと進められたのですが、1本の歯を失って既にショックを受けている事に加え、更に健康な歯を削る事に抵抗を感じ、そのままにしていました。しかしその頃から、口を開け笑った時にチラッと見える歯のない部分が、黒く見えてしまうのが気になっていまいた。

2年後、別の歯が痛み、以前と違う歯科医院で治療を受けた際に、人工歯根を知りました。当初、あるメディアで人工歯根は顎の骨を駄目にするという話を聞いており、一度はやめておこうと考えていたのですが、結果、この間違った情報によって悩みが長く続く事になりました。

しかし、やはり気になって、人工歯根について歯科医師に相談を重ねるうちに、近年、材質・形状・サイズそして歯科医の技術も驚くほど良くなっているので心配は無用とのこと。先生に写真を見せてもらい、セミナーで実際に治療を受けた人の話を聞くうちに、人工歯根にしようと決めました。

手術は1時間もかからずに終わって、出血・術中の痛み、手術のあとの痛み・腫れもなく、拍子抜けしてしまいました。 人工歯根のおかげで、口中ケアをしっかりとするようになり、今では自然と笑顔を取り戻すことが出来ています。

●スッキリした快適な生活が送れるようになりました。

2008年6月26日
年齢 : 50代
職業 : 建築業
場所 : 名古屋市在住
現在、私の上下の前歯は殆どが、人工歯根です。 忙しさにかまけ、歯についての十分なケアをしてこられなかった為、気がつけば歯がグラグラする、歯茎から膿が出る、口の中がネバネバする、冷たい物が滲みる、などの口内トラブルが相次ぎ、歯科医院で診てもらうと、既に殆どの歯が使い物にならず、手のつけられないような状態でした。

初めはやはりインプラント治療は不安でしたが、まず2本の人工歯根が入った時に大変驚きました。しっかりと固定され、がたつきも不安定さもなく、若い頃の自分の歯と同じように、噛めたからです。
その後は歯周病菌の除菌をしながら、順次人工歯根に置き換えていきました。
口の中に爽快感が生まれ、口元がひきしまり、血糖値も安定するようになって、気持ちが良く、明るくなってきました。

歯科医院で診てもらうまでは、歯周病と血糖値が関係していることを知りませんでした。
ダメになってしまったほとんどの歯を人工歯根にすることで、歯周病でいた以前の時よりもスッキリとした快適な生活が送れるようになりました

●固いものでもしっかり噛むことができ、自信をもって口を開けて笑うこともできるように

2008年6月26日
年齢 : 50代
職業 : コンサルティング業
場所 : 横浜市在住
若い時から歯が弱く、出産後は半分近い歯がブリッジなどの人工歯になってしまいました。
自分の歯ではないせいなのか、硬いものを食べることが出来ず。また、奥歯の金属が見えてしまうこともあって、どうしても思い切り笑う事が出来ませんでした。

そんな折、歯が痛くなって歯医者を受診し、そこで人工歯根の説明を受けて治療を決心しました。人工歯根にすると、まるで自分の歯のように一本一本しっかりしているからでしょうか。もう気持ちから違ってきたのです。
「固いものでもしっかり噛める。自信をもって口を開けて笑うこともできる。」

人工歯根治療をして下さった先生には本当に感謝しています。

●しっかりと噛めるから体も快調。もっと早くインプラントにすればよかったと思っています。

2008年6月26日
年齢 : 40代
職業 : 会社勤務
場所 : 東京都在住
よく歯磨きをしている方だと私自身は思っていましたが、次つぎと虫歯になってしまい、部分入れ歯・そしてブリッジの歯となってしまいました。
歯が丈夫でないと、しっかりと噛めず、内臓など体にも悪影響があるといわれていることも有りこれからどうなってしまうか本当に心配でした。

歯科医の先生に御相談して、費用的にも納得が出来、ブリッジと入れ歯を人工歯根にしました。
それからは、これまでの歯の心配が嘘のようにスッキリとしたのです。
歯科衛生士さんから丁寧に歯磨き方法の指導も受け、歯の健康に自信が持てるようになりました。

人工歯根はまるで自分の歯のようです。だからしっかり噛むことが出来て、歯並びまで美しくなりました。
現在、人工歯根も自分の歯と同様、毎日大切に磨いています

「義歯・ブリッジ・インプラント」?でお悩みの方の為に、
あなたのインプラント体験談をお聞かせ下さい。

実際にインプラント治療を受けられた方の体験談を募集しています。
インプラントを受ける前と受けた後の違い、現在の心境など貴方の貴重な体験を是非ご投稿下さい。
たくさんのご応募をお待ち致しております。
>> 体験談の投稿はこちら