東京 デンタルインプラントセンター 東京都江戸川区篠崎町 7-27-23 都営新宿線「篠崎駅」徒歩1分

サイトマップ


インプラント 東京

ご相談・ご連絡はお気軽に TEL:03-3673-1058

このサイト内を検索


東京 デンタルインプラントセンタートップ > インプラントが可能か診断 > パントモX線

インプラントが可能か診断

診断方法

パントモX線 (レントゲン)
■天然歯がすべて残っている症例
パントモX線 レントゲン
歯が抜けると歯槽骨は次第に吸収され、高さ及び厚さ(幅)が減少してきます。
下顎骨模型 : 下顎管の中を走る(白:神経 赤:動脈 青:静脈) オトガイ孔
下顎骨模型
インプラント挿入時のバントモX線
オトガイ孔及び下顎管を避けてインプラントを入れなければなりません。

パントモX線は3次元(立体)のものを2次元(平面)に写しているため奥行きが判断できないのが欠点です。

CTスキャナー
【コンピュータ断層撮影】
X線とコンピューターを駆使し、人体の輪切り(断面)写真を “撮像” することができる装置です。
CT
CTスキャナーを使った診断のメリット
■インプラント治療を安全に行うことができます。
パントモX線写真は、平面(二次元)での顎の骨や神経の走行の状態が分かりますが、
それだけでは奥行き(三次元的な情報)が分かりません。
CTを使って三次元的に顎の状態を診査する事により、
安全かつ適切な位置や方向へインプラントを埋め込む事が可能となります。
■血管や神経の通っている管あるいは上顎洞の位置を正確につかめます。
インプラント手術においてインプラントを埋め込む位置、方向及び長さは
顎の骨の中を走っている血管や神経を避けなければなりません。
また上の顎の奥は上顎洞までの距離の把握が重要です。
CTスキャナーによる診断で術前の治療計画を適切に行うことができ、危険を回避することができます。
模型
【模型】

口腔内模型


お口の型を取り模型を作成します。
上下の噛み合わせ、インプラントの入れる位置などを判断します。

【前歯の断面】

上顎前歯部の断面

上の前歯の断面

インプラント埋入には骨の幅が足りない時があります。
例えば、前歯の骨はほっぺた側の骨の吸収が強く起こり骨の厚みが不足することがよくあります。
その場合にはリッジエクスパンジョン、ボーングラフト(骨移植)などを行います。

サージカルステントによるインプラント埋入部位対合歯との関係
パントモX線と併用して使用します。
インプラント治療の前には、埋入位置及びインプラント体の長さを決定するために、基準になるステンレス球をサージカルステントの中に埋め込みパントモX線にて診査、診断を行います。
下歯槽神経、上顎洞までの距離を測定し、埋入するインプラントの長さや本数を決定します。

サージカルステント
サージカルステント


サージカルステントが口腔内に入った状態
サージカルステントが口腔内に入った状態