ブリッジとインプラントとの違い

サイトマップ


東京都 インプラント

ご相談・ご連絡はお気軽に TEL:03-3673-1058

このサイト内を検索


東京 デンタルインプラントセンタートップ > ブリッジとインプラントとの違い

1. 失った歯の隣在歯を削って印象(型どり)と咬合採得(咬み合わせの決定)を行います。

2. ブリッジをセメント(接着材)で合着して、咬み合わせの調整を行い治療は完了します。

ブリッジとインプラントとの違い

ブリッジの利点・欠点
長所 短所

・ブリッジの形態は天然歯とほぼ同じなので異物感、違和感がほとんど起こりません。

・ジルコニア、セラミックなどの素材で人工歯(ブリッジ)を作れば自分の歯と見間違うような審美性の回復が行えます。

・支台となる歯にセメント合着するため入れ歯のように外れることがありません。(年月が経つと外れることがあります。)

・ブリッジを製作するためには失った歯の隣在歯を支台とするため、健康な歯であっても削る必要があります。(失った歯の本数が増える支台となる歯の本数も増えます。)

・虫歯がない健康な歯を削ると歯にダメージを与え、歯の寿命は短くなってしまいます。

・ブリッジにかかる咬合力を両隣在歯で支えるため負担過重となり、支台となる歯の寿命が短くなります。

・虫歯がない健康な歯を支台とする際に、支台同士の平行性を確保する必要があるため、歯質の削除量が大きくなることがあります。

・審美性を追求すると、歯をたくさん削らなくてはならず、神経に近いところまで削るとブリッジを入れてから歯が凍みるという不快症状が出ることがあります。

・歯の削除量が多いと想定されるケースではあらかじめ歯の神経を取る根の治療が必要になることもあります。(歯の神経を取ると歯の寿命は短くなります。)

・咬合力は天然歯の約1/2です。