GTR法-歯周病によってなくなった骨を再生させる手術方法

サイトマップ


インプラント 東京

ご相談・ご連絡はお気軽に TEL:03-3673-1058

このサイト内を検索


東京 デンタルインプラントセンタートップ > ボーングラフト > GTR法

GTR法(タイトル)

GTR法とは

GTR法(guided tissue regeneration)は歯周外科手術後、バリヤー用の膜(ゴアテックスなどの膜)を骨が破壊されたところに設置することにより歯周病の炎症により破壊されたセメント質や固有歯槽骨などの硬組織を新生させ、歯根膜内のシャーピー繊維により固有歯槽骨との付着の回復をはかる歯周治療法です。
1982年にイエテボリ大学(スウェーデン)のスティーレ・ニーマンらによってGTR法の成功が初めて報告されました。
歯周組織再生誘導法または組織再生誘導法ともいいます。
多くの歯科クリニック、病院でも導入している治療法ではなく、健康保険はきかないので自費治療になります。(一部の病院で保険制度の一つである高度先進医療制度の適用があります。)


GTR法(組織再生誘導法)の実際

GTR法は、部分的に溶かされた歯槽骨を回復させる治療方法です。

GTR法(組織再生誘導法)の実際

歯を支える歯周組織(歯肉、歯根膜、歯槽骨、セメント質)が炎症を起こし、それが進行すると、歯を支えている周りの骨が溶けてしまいます。
溶けて、乏しくなってしまった歯槽骨は、歯周病の炎症が治っても、健康だった時のように骨は回復しません。
なぜなら、歯周病の治療をした後に何もせずそのまま治癒を待つと、歯槽骨が再生する前に約1週間で歯肉がそこに入り込み歯周組織(歯槽骨、歯根膜)ができるスペースを埋めてしまいます。
そこで、歯周ポケット内部を清掃(スケーリング、ルートプレーニング)した後にメンブレンと呼ばれるバリヤー用の膜を設置すると、歯肉が入り込まないよう防御することが出来ます。
そうするとメンブレンの下には歯周組織(歯槽骨、歯根膜)が1ヶ月に約1mmづつの速さで再生していきます。
歯を支える骨が乏しくなった状態では、インプラントを支え、固定するに十分でない場合があります。
そこで、歯周組織(骨)を回復するために行われるのが、GTR法です。 歯と歯肉の間をきれいに清掃して、その後、骨を再生したい部分に人工の膜を入れます。
膜で覆うことで、骨が回復するまで歯肉が入ってこないように、スペースを確保します。 骨の幅、高さともに状態が悪いために、インプラントができなかった人でも、歯周組織を回復することで、インプラントが行える場合があります。


GTR法による治療の流れ

GTR法による治療の流れ

A:歯石の付着
    歯冠と歯根とに歯石や歯垢が蓄積しています。
B:炎症のある歯肉
    歯肉が炎症を起こし腫れて、出血もしやすくなります。
C:破壊吸収された歯槽骨
    歯槽骨が破壊され吸収を起こしています。同時に歯根膜もダメージを受け吸収されています。


GTR法による治療の流れ

歯肉をめくって患部の隅々まで歯石を除去して、根の表面を清潔にします。
細菌に侵された歯肉の表面も取り除きます。


GTR法による治療の流れ

歯槽骨や歯根膜が不足している部分を専用のバリヤー用のメンブレンで覆います。
これは、歯槽骨などの硬い組織が再生するときに、歯肉などの軟らかい組織の混入を防ぐためです。
◎膜の上から歯肉をかぶせるようにして戻し縫合します。次にサージカルパックをして組織の安静を保ちます。スペースが確保されていれば、歯槽骨や歯根膜は徐々に再生されてきます。


GTR法による治療の流れ

A:歯根膜
    再生された歯根膜。
B:歯槽骨
    再生された歯槽骨。
◎個人差がありますが、大体、数ヶ月で新しい歯槽骨と歯根膜が再生します。