GBR法-インプラントの周りの骨を再生させる手術法

サイトマップ


インプラント 東京

ご相談・ご連絡はお気軽に TEL:03-3673-1058

このサイト内を検索


東京 デンタルインプラントセンタートップ > ボーングラフト > GBR法

GBR法(タイトル)

GBR法とは

Guided Bone Regenerationの略。骨再生誘導法とも言い、歯肉と骨の間に膜を張りスペースを作ることで骨の再生を誘導します。骨の量が足りずインプラントの固定が困難なケースで行われます。
GTR法において非吸収性膜は手術後4から6週間で除去します。
一方、吸収性膜は3から6ヵ月月で吸収が開始します。
GBR法では非吸収性膜は手術後6から8ヵ月後に除去します。
GBR用に6カ月以上の吸収期間をうたった吸収性膜も販売されていますが、骨ができる前に吸収することもあり、十分な効果が期待できないこともしばしば経験します。
非吸収性膜を用いた場合には、骨ができるまでの期間(6ヵ月以上)設置することで確実に骨の再生を期待することができます。
また、バリヤー用の膜が潰れた状態で設置されると骨再生量が少なくなってしまいます。そこで、非吸収性膜に薄いチタンを組み合わせることで、スペースの確保が確実に行えるようにしたものもあります。
また、骨が不足している部分に、バリヤー用の膜を用いて骨を作るスペースを確保し、その中に、骨のもとになるもの(骨補填材)を詰めて骨の再生を促すこともされています。 特にインプラントを埋め込むのに十分な骨の厚み、幅がない場合、多用されているテクニックです。


裂開型欠損

インプラントを埋入したとき、フィクスチャー頭頂部のネジ山が露出するような骨欠損を裂開型欠損(れっかいがたけっそん)といいます。欠損部にGBR法を適用します。

裂開型欠損


開窓型欠損

骨からインプラント体の一部が露出するような骨欠損を開窓型欠損(かいそうがたけっそん)といいます。これは骨の頬舌的幅径が不足しているときや、インプラントを埋入する方向を誤ったときに起こりえます。
バリヤー用の膜を固定することが困難な場合は、スクリューピンで膜を固定したり、チタン強化膜を用いたりします。

開窓型欠損

GBR法を行うことで、今までインプラントを行うための骨が不足していた人でも、骨の量を増やし、インプラントが可能になるケースが増加しています。また、抜歯してすぐに行うインプラントにも、この治療法が応用されています。