ボーングラフト(骨移植)-骨の量が少ない場合に行う手術

サイトマップ


インプラント 東京

ご相談・ご連絡はお気軽に TEL:03-3673-1058

このサイト内を検索


東京 デンタルインプラントセンタートップ > ボーングラフト > ボーングラフト・骨移植

ボーングラフトとは

歯が抜けて時間が経過すると、顎の骨がやせて、インプラントを入れるスペースが不足し、インプラントを固定することができないことがあります。
特に上の奥歯や前歯の場合は骨がやせているとインプラントができないケースが多々ありましたが、ボーングラフト(骨移植)をすることでインプラントが可能になりました。
移植する骨は、下顎の奥の骨や下の前歯のオトガイあたりからから取って来たりします。 自家骨以外にも骨補填材が使用されます。
歯科における骨移植は、それほど大がかりなものではあリません。
移植する骨も本人の歯槽骨や顎の骨から取ってきますから、手術の範囲も限られています。
しかし、症例によっては、歯槽骨や顎の骨以外(腸骨)からも調達する場合があり、簡単な手術というわけにはいかないこともあります。また、人工の骨補填材を併用して使用する場合もあリます。

上の前歯を失った場合

1次手術としてボーングラフト(骨移植)を行い、数ヵ月後、2次手術でインプラントの埋入を行います。

上の前歯を失った場合

歯を喪失する唇側の骨が次第に溶けていき、骨の厚みが不足してきます。このままではインプラントはできません。そこで、自分の骨を採取します。

< 骨を採取する部位 >
 * オトガイ部(下顎の前歯の下)
 * 下顎枝(下顎骨の親知らずの奥の部分)
 * 腸骨(おへその斜め下にある出っ張った腰骨の部分):大量に骨が必要な場合には全身麻酔下において行います。
 * 脛骨(足の骨) 


上の前歯を失った場合

粉砕した自家骨あるいは自家骨と骨補填材とを混ぜたものを準備します。


上の前歯を失った場合

前歯の唇側の吸収が起こっている所に、自家骨のブロックを移植し、周囲の隙間に事前に用意した粉砕した自家骨あるいは自家骨と骨補填材とを混ぜたものを詰めます。骨移植のブロックは、動かないようチタン製のスクリューで固定します。
粉砕した自家骨あるいは自家骨と骨補填材とを混ぜたものを止めるためにバリヤー用の膜(ゴアテックスなどの膜)を設置します。


上の前歯を失った場合

骨の移植をして約6ヶ月後位で骨移植した骨と前歯の骨とが一体化します。
スクリューを除去し、インプラントを埋入します。

上の奥歯を失った場合

サイナスリフト

詳しくは 上顎洞底挙上術(サイナスリフト) のページをご覧ください。

上の奥歯を失った場合

ソケットリフト

詳しくは ソケットリフト のページをご覧ください。

上の奥歯を失った場合
ソケットリフターにより上顎洞底を挙上