二回法によるインプラント手術

サイトマップ


東京都 インプラント

ご相談・ご連絡はお気軽に TEL:03-3673-1058

このサイト内を検索


東京 デンタルインプラントセンタートップ > 二回法によるインプラント手術

1. 局所麻酔をして歯肉を切開、剥離し歯槽骨を露出させます。

2. ドリルで人工歯根を埋入するための穴を段階的に所定の太さまで掘ります。

3. 人工歯根を埋入します。

4. フィクスチャーは歯肉の中に埋没させた状態で切開剥離した歯肉を縫合します。

5. 人工歯根が骨に結合するのに必要な期間、下顎では(4ヵ月~6ヵ月)、上顎では(2ヵ月~3ヵ月)待ちます。

6. フィクスチャーを入れた部分の歯肉を少しだけ切開しアバットメント(支台装置)を装着します。

7. 印象(型どり)を採り、咬合採得(上下の咬み合わせの決定)を行って、ジルコニアなどの素材で人工歯冠を製作します。

8. 人工歯冠をアバットメント(支台装置)に装着して治療は完了します。

二回法インプラント手術

二回法が開発された理由

1.人工歯根を埋入してから2カ月~6カ月の期間、可能な限りインプラントに外力を与えないことで、オステオインテグレーション(骨と人工歯根が結合)が達成されやすいと考えられていた。

2.感染リスクを最小限にするため。

3.シリンダータイプは初期固定が得にくいため。

手術法による成功率の違い

ニ回法の方が手術の成功率がわずかに高いという報告もありますが、ニ回法より一回法による手術法が感染リスクが高く、オステオインテグレーションを得にくいという報告はほとんどなく、二回法が明らかに優れているというわけでもないようです。