ソケットリフト

サイトマップ


東京都 インプラント

ご相談・ご連絡はお気軽に TEL:03-3673-1058

このサイト内を検索


東京 デンタルインプラントセンタートップ > ソケットリフト

1. ソケットリフトはサイナスリフト同様に上顎洞底を挙上する方法です。上顎洞底までの骨の高さが5mm以上の場合、ソケットリフト法の適応です。

2. インプラントを入れるための穴を形成し、上顎洞底挙上術に用いるインスツルメント(ソケットリフター)で上顎洞底を押し上げます。

3. 形成した穴から骨移植(自家骨や骨補てん材)を入れます。

4. 移植骨ごと上顎洞底を押し上げ、続いてインプラントを埋入します。

5. インプラントが骨と結合するのを待ってアバットメントを入れ、人工歯冠を装着して完成です。

ソケットリフト法

上顎大臼歯部へ人工歯根を埋入するのに上顎洞底までの骨の高さは8mm以上必要です。
骨の高さが5mm~8mm位の場合にはソケットリフト法により埋入します。
ソケットリフト法は人工歯根を埋入するための穴からソケットリフターという器具で上顎洞底部の皮質骨とシュナイダー膜を同時に押し上げ、そこに作られた空間に人工骨や骨補てん剤を押し込み、人工歯根を入れる骨の厚みを確保します。
手術の際シュナイダー膜を破らないようにしなければならないため3mmほどが骨の高さを得られる限界です。
手術時間は短く、傷口が小さくて済みますので術後の腫れや痛みも起こりにくいと言えます。
一方、上顎洞底までの骨の高さが5mm未満の場合はサイナスリフト法により人工歯根の埋入が行われます。