サイナスリフト(上顎洞底挙上術)

サイトマップ


東京都 インプラント

ご相談・ご連絡はお気軽に TEL:03-3673-1058

このサイト内を検索


東京 デンタルインプラントセンタートップ > サイナスリフト(上顎洞底挙上術)

1. 上顎の歯槽骨の上部(頬骨の奥)には、上顎洞(サイナス)という大きな空洞があります。

2. 上顎の奥歯の歯を失うと、上顎洞(サイナス)が拡大します。上顎においては歯槽骨側と上顎洞側から骨吸収が進行しインプラントをするには十分な骨がなくなってしまう場合が少なくありません。

3. そこでインプラントを入れるための骨が不足している所に、上顎洞の底部を押し上げ、そこに自家骨や骨補填材を入れることによって不足した骨を補う治療方法です。

4. これがサイナスリフトです。上顎洞底までの骨の厚みが5㎜以下と少なく、インプラントの固定が困難なケースに行われます。

5. 骨の生成には6~12ヶ月の期間が必要ですが、インプラントの適応を大きく拡げることができます。上顎洞底までの骨の厚みが5㎜以下と少なく、インプラントの固定が困難なケースに行われます。

6. 骨の生成には6~12ヶ月の期間が必要ですが、インプラントの適応を大きく拡げることができます。

上顎洞底挙上術(サイナスリフト)とは

1. 上の奥歯にインプラントをするとき骨が少なくて出来ない場合に骨を作る方法

上顎洞底挙上術ともいいます。上顎の骨の再生手術ということができます。
上顎の奥歯の歯を失うと、サイナスと呼ばれる上顎骨の空洞が拡大します。上顎においては歯槽骨側と上顎洞側から骨吸収が進行しインプラントをするには十分な骨がなくなってしまう場合が少なくありません。
そこでインプラントを入れるための骨が不足している所に、上顎洞の底部を押し上げ、そこに自家骨や骨補填材を入れることによって不足した骨を補う治療方法です。
上顎洞底までの骨の厚みが5㎜以下と少なく、インプラントの固定が困難なケースに行われます。骨の生成には6~12ヶ月の期間が必要ですが、インプラントの適応を大きく拡げることができます。現在、サイナスリスト治療法は、予知性のある治療法といえます。

歯がなくなると下図のように骨の厚みが減少してきます。

骨の厚みがなくなったところにサイナスリフトを行い骨移植により骨の量を増やします。

サイナスリフトとボーングラフト(骨移植)について

歯が抜けて時間が経過すると、歯槽骨は吸収(痩せる)して、高さと幅が人工歯根トを入れるには不十分であることがあります。
もともと上顎大臼歯部は上顎洞が近くにあるため、同部の歯が抜けると歯槽骨の吸収が起こり、上顎洞底までの距離が2~3mmとなり、インプラントを埋入することができないケースがしばしば見受けられます。
このような場合、頬側の歯肉を切開剥離し、上顎洞前面の骨に穴を開け、そこから器具を挿入し、上顎洞底にあるシュナイダー膜を持ち上げ(サイナスリフト)、そこに作られた空間を自家骨や人工骨で満たすボーングラフト(骨移植)により新たに骨を作ることで、人工歯根の埋入が可能となりました。
また、上顎前歯部においては唇側の骨が吸収(痩せる)し、人工歯根を埋入できないケースが見られます。
そこで、ブロック状に採取した自家骨を唇側の骨にネジで留めるボーングラフトにより骨の幅を増やし、人工歯根トを埋入することも行われています。
以前は骨がやせているとインプラントができないケースでも、現在ではボーングラフト(骨移植)により人工歯根埋入が可能になるケースが増えてきました。
移植する骨は、自家骨や骨補填材(あるいはその両者を混ぜたもの)が使用されます。
歯科における骨移植は、それほど大がかりなものではあリません。
移植する骨は本人の左右オトガイ孔間の歯槽骨や下顎の親知らずあたりの骨から調達する場合が多いので、手術の範囲も限られています。
ただ、ケースによっては、腸骨から調達する場合があるので、担当の先生の説明を十分に聞いてください。
また、自家骨を取ってくることはせずに、骨補填材だけを使用する場合もあリます。