リッジエキスパンジョン

サイトマップ


東京都 インプラント

ご相談・ご連絡はお気軽に TEL:03-3673-1058

このサイト内を検索


東京 デンタルインプラントセンタートップ > リッジエキスパンジョン

骨の幅が狭い場合に骨を広げる方法

インプラントを埋入する際、その部位の骨の厚みや高さは十分でも幅が不足していることがよくあります。このような症例に対して行われる手法に「リッジエキスパンジョン」というものがあります。
この方法はインプラントを埋入する部位の不足している骨の幅を広げる手法で、ボーンスプレダーという器具を使って、手指によるインプラント窩を段階的な圧縮・拡大・形成します。骨が不足している症例に対して行われるGBR(骨の不足しているところに特殊な膜を貼る)より確実にインプラントを成功させます。


細いボーンスプレンダーから順次太いもので骨を拡大します

骨の幅の拡大